"グローカル"に活動する団体に200万円の助成、2015 年度国際交流基金地球市民賞の募集開始

日本各地で国際文化交流を通じ、文化・芸術による地域づくり、多様な文化の共生、市民連携や国際相互理解の推進などの分野で活動する団体を応援する目的で国際交流基金(ジャパンファウンデーション)が設立した賞「国際交流基金地球市民賞」。昨年度30周年を迎え、これまでに全国43県、94団体が受賞し、活動の幅を広げています。ちなみに、2014年度はアメラジアンスクール・イン・オキナワ、なら国際映画祭実行委員会、プラス・アーツが受賞しました。

現在は、2015年度地球市民賞の募集が始まっています。締め切りは7月24日(金曜日)、どなたでも自薦・他薦を問わず応募することができます。


■「2015 年度国際交流基金地球市民賞」応募ガイドライン

【対象団体】 公益性の高い国際文化交流活動を行っている日本国内の団体(授賞件数:3件以内) 【対象活動】 (1)文化・芸術による地域づくりの推進、(2)多様な文化の共生の推進、(3)市民連携・国際相互理解の推進

【推薦/応募方法】 下記ウェブサイトからガイドライン、応募用紙をダウンロードし、必要事項をご記入の上、事務局まで電子メール、ファックス、郵送にて送付(お一人/一団体5件までご推薦/ご応募可能)

【ウェブサイト】 https://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/guideline/index.html 

【締切】 2015年7月24日(金) <郵送の場合は、当日消印有効> 

【授賞内容】 正賞(賞状)ならびに副賞 200 万円

0コメント

  • 1000 / 1000