google日本語入力 編集でも使える?

またしてもgoogleやってくれます。日本語入力ソフト「google日本語入力」をリリース。MacでもWindowsでも使えます。早速ダウンロードしてみました。編集作業でも使えるのでしょうか? 最近twitterを初めてから、情報がまさになだれ込んできます。それにみなさん優しいので、わからないことがあれば、即座に教えてくださる。本当に感謝です。 さて、今朝、通勤の道すがらtwitterをチェックしていると「googleが日本入力をリリース」との情報が。その後、出てくる出てくるみなさんの使ってみましたコメント。「とっても使いやすい」、逆に「使えない」など、相反するご意見が一斉にtwitter上にアップされてきました。たいていのパソコンに導入されている「MS-IME」入力は本当に使えないので(なんで、というような固有名詞が変換されないし、文脈を理解して変換なんてお利口なことはほとんど不可能)、ATOKを使ってきました。けれどATOKは料金がかかります。それに比べてgoogleは無料。 こうなると、やはり使ってみたくなるのが人情というもの。早速、ダウンロード。方法は簡単で、単純に画面の指示通りにクリックしていくと、はい出来上がり。私の場合はMacですが、右上の言語環境をクリックするとgoogleの文字が増えてます。そのなかの「ひらがな」を選ぶと、google入力ができるようになりました。 さて、みなさんの使用感を聞いていると、大きくわけて2つの傾向があるようです。 1、これまで「MS-IME」入力を使用していた方 ⇒ とっても便利 2、これまで「ATOK」入力を使用していた方  ⇒ ATOKにはかなわない 私は今、google入力を使ってこのブログを書いています。このように使用している分には、ATOKとほとんど変わらない感じがします。MS-IMEの入力変換におけるハチャメチャなストレスはほとんどありません。 普通に入力している分には、全く問題なしと思えます。キー割り当てをATOK化することもできるとのことなので、ATOKからの移行でも、少し慣れれば問題なくなるかもしれません。 まあ、無料ということを鑑みて、多少のことは目をつぶるという考えも浮かびますし。 ただし、言葉を専門に扱う職種の場合は、googleの辞書がwebから収集されて生成されていく(下記googleブログのコメント参照)ことを考えると、少し不安な面もあります。やはりそこはATOKが培ってきた能力の安心感には及びません。 まあ、いずれにしてももう少し使い続けてみないと本当のところはわかりませんので、また、改めて使い心地をお伝えします。みなさまも無料ですので一度お試しになってはいかがでしょう。使い心地が良い・悪い、こんな使い方が便利といったご意見もいただけると幸いです。 参考までにGoogleのブログにおける説明を。 Google 日本語入力は桁違いの語彙力を持っています。Web から機械的・自動的に辞書を生成することで、人手ではカバーしきれないような、新語、専門用語、芸能人の名前などを網羅的に収録しています。高い変換精度を実現するために、Web 上の大量のデータから統計的言語モデルを構築し、変換エンジンを構成しています。現在の Web のありのままを反映したインプットメソッドと言えます (この辞書および統計的言語モデルの作成は Google の大規模分散処理システム MapReduce を用いて、数千台規模の計算機クラスタを使って行っています)。さらに、強力なサジェスト機能によりこれらの大量の単語を少ないキー数で入力することが出来ます。 だそうです。 本日、あまりにも美術とは異なる分野だったため、最後に美術情報をひとつ。 明日、日本橋の三井記念美術館では柴田是真の内覧会が。明治を代表する工芸家です。明後日から一般公開となります。現状、月刊誌の入稿に終われ、ヒーヒー言っている私が明日、行けるかどうかは神のみぞ知る。もし行けたら、その場でtwitter速報を、そして夜にはブログにアップする予定です。

0コメント

  • 1000 / 1000