清方やっぱりステキです

サントリー美術館の「清方ノスタルジア」、内覧会に行ってきました  〈↑会場入口〉 前から広報のM嬢、学芸員のI嬢から話を聞いて楽しみにしていた清方の展覧会。久方ぶりに代表作がまとまった形での展示となっています。簡単に以下、レポートを。 〈↑会場正面に「春雪」昭和21年〉 戦中はかなり批判を受けていた美人画。戦後になりようやく公の場に出すことができるようになったもの。展覧会担当のM学芸員さんによると、この黒い着物は、古い時代の象徴ではないかとのご指摘が(詳細は小誌にご寄稿いただいております)。 続いて、近松の小説に材をとったものや、樋口一葉の姿など。 楽しみの一つだった「妖魚」(大正9年)も出てきます。本当に妖しく美しい。西洋的との批評に対し、清方は、耽溺していた泉鏡花の影響と返したそう。確かに、通じるものがあります。 〈↑「花ふぶき・落葉時雨」昭和14年〉 これは珍しい。六曲一双の屏風です。女性は、ほっそりとしてたおやかで、清方が好きだった春信の影響が大きいようです。軸物を見て、次は、一つ下の会場に移ります。 〈↑清方の描き方を追った記事や、清方が使用した絵具皿〉 階段を下りると、そこには清方の日本画の描き方を紹介した記事や清方の遺愛品があります。 会場に入れば、そこには「明治風俗十二ヶ月」や開くと徐々に幽霊の姿が現れる扇などもあります。 〈↑展覧会にあわせて製作された清方グッズ〉 出口を出ると、そこにはミュージアムショップが。今回の展覧会にあわせて清方グッズが製作されています。一筆箋など、ちょっとおしゃれです。 たいへんな駆け足で回ってしまいましたが、清方の作品の色彩の美しさはため息ものです。しっとりと落ち着いていて、心にすっとしみこんできます。特に、墨色の使い方。もちろん黒といっても墨だけではなく、金を上からまいていたり、茶を入れたりしているそうですが、墨だけでもその濃淡でたいへんな微妙な階調が出来上がっています。墨で描いた宗達の犬がありますが、あの墨の豊かな色調と共通するよう。かといってモダンですし。さりげなく入れた墨の線が、画面を引き締めていることがよくわかりました。 「清方ノスタルジア」はサントリー美術館で来年の1月11日まで開催。

0コメント

  • 1000 / 1000