篠原右司男さんの大迫力の個展

元祖!現代美術家 篠原右司男さんの個展を見てきました。 画廊から飛び出すような大迫力の大作です。 篠原さんは日本の前衛美術家のお一人として活躍中です。 アクションペインティングという体全体を使った描き方をなさいます。 ボクシングのグローブに絵具を付けて画面をなぐる。まさに篠原さんが思うことをこぶしに託して表現されているわけです。 御歳なんと77歳‼ 会場のギャラリー山口には、その四方の壁面を埋めつくさんばかりの4作品が並んで見ごたえ充分。赤や青、緑に黄色といった原色に圧倒されます。篠原さんのアーティストとしての社会に対する痛烈な意思表明。エネルギーに明日へのパワーをもらってかえってきました。 9月5日まで開催です。

0コメント

  • 1000 / 1000